Creative Disposal

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

Scarab



スカラベ。
タマオシコガネの一種で、日本では「糞転がし」でお馴染みの甲虫。
このスカラベは太陽神の化身として、エジプト全土で崇拝されています。

ボール状にした丸いフンを、逆さになって足でくるくる転がしていく彼ら。
この習性が古代エジプトでは、
「天体を転がしている」=「太陽の運行を司っている」
ことを連想させました。

また、フン転がしは卵をフンの中に生み付けます。
そのフンの中で幼虫が孵化するため、古代エジプト人たちは、
自ら転がしていたフン(土≒大地)の中から生物が誕生するのを見て驚き、
「生命の再生」、「復活」、「変化することの大切さ」
を思ったそうです。

こんないきさつから、古代エジプトの人々はこの昆虫に
「生成するもの」、「変化するもの」
という称号を与えました。

この神聖なる甲虫は、太陽神ケプリの姿にもなっています。
写真のように、羽状の形をしていて、太陽の玉を手にしており、
「新しい生命」を表しています。

幼虫はこの玉から孵化するので、新しい生命を表し、
スカラベのお守りは、「再生の象徴」とされ、
死者と一緒に埋められます。

この「再生と復活」そして「生命と幸福」の象徴とされるスカラベ。
SECCOのロゴマークがスカラベなのも、このような背景からです。
Egypt | permalink | comments(0) | trackbacks(1)