Creative Disposal

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

Watering Can


昨年の話になってしまいますが、イタリアで開催される
『MACEF DESIGN AWARD 2005』(テーマは「RE-think + RE-cycle」)で
大賞に輝いた、スイスのNicolas le moigne氏の作品“Watering Can”。

ペットボトルやガラスビンにはめて如雨露(じょうろ)として使います。
イタリアのViceversa社が販売。

リサイクリングの技術を大学で学んでいた者としては、モノを「ゴミ」や「資源」、「素材(化学式)」としてではなく、「機能」ベースで捉える視点とそれを引き出す着想にデザイナーとデザインの魅力を感じます。

何より、草木に水をあげる行為のメタファーになっているし、そこにケミカルリサイクルとは別の生活感が匂っていて素敵です。

下はブースに佇むNicolas氏。


別の作品で、グラスをベースに変える“Mask”。心地エコロジー。


Product | permalink | comments(2) | trackbacks(0)