Creative Disposal

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

Re食器

陶器は土に還らない素材です。
そして陶磁器の国内産地ではすでに天然粘土の枯渇が進み、
4割近くが輸入された土によって賄われている状態になっています。

また、年間全国で廃棄される陶器は13万トン以上。
東京ドーム(124万Kリットル換算)だと約9.5杯分!?
最終処分場に埋め立てられる不燃ゴミの5〜6%は陶器が占めます。

こうした背景から注目を集めているは、グリーンライフ21による
「Re食器」プロジェクト。


美濃焼の産地(岐阜県東濃 西部)で、原料や食器製造から流通に関わる企業有志と地元試験研究機関などが集い、焼き物の原料土の有効活用や環境にやさしい器づくりに 取り組んでいます。

Re食器は、廃棄される陶器を回収して粉砕、原料まで戻し、成型後焼いて出来上がります。

結成以来3年の活動成果として 「美濃Re食器」が誕生。
作るだけでなく、回収・再製品化することで、産地の環境への社会的責任を果たしていかれるつもりです。


こちらはフィンランドの新進女性デザイナー、
カミーラ・グロスさんによるポケラシリーズのRe食器。
素材の色を活かした気持ちの和む風合いだと思います。

「Pokela」は、カミーラさんが子供の頃夏を過ごした
フィンランドの緑豊かな町の名前からとっています。
祖母のいるその町で過ごす生活は、
自給自足のゆったりしたつつましい毎日だったそうです。
Ceramic | permalink | comments(2) | trackbacks(2)