Creative Disposal

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Paper Bag | main | Undose / 3GRRR (Makoo) >>

SECCO & The Treasures of Wasteland


SECCOは、コンサルティング会社に勤めていたNina Partanenが2003年に立ち上げたフィンランドのリサイクル・デザインブランド。

廃棄物をデザイナーにデザインを委託し、製造・販売を独自で行っています。また現在では世界13ヶ国に直営店を持つにまで広がり、ここ日本でも8月末までの期間限定ショウルームが代官山で開かれています。


更にドイツではドイツの廃棄物を再利用して製品を作るワークショップも立ち上がり、ドイツの「オリジナル&タイムレス」なリサイクルデザインが生まれています。


個人的にSECCOの凄みを感じる点は、QWERTYシリーズに見られる“HAPPY”や“LOVEU”、英語でGoodを意味するフィンランド語の“HYVAA”等のポジティブなメッセージ性。ここにマテリアルリサイクルや静脈ビジネスとは一線を画したデザインの意義が内在していると思います。

ちなみにロゴマークは天道虫ではなく、『再生』や『復活』を意味するスカラベ(糞転がし)です。
Accessories | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://s-yousui.jugem.jp/trackback/99
この記事に対するトラックバック